人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

病気に「ありがとう」

■チャクラとありがとう
重い病気が自然治癒した人の共通点は、「病気になってよかった」「病気になってはじめて判った」であり、病気に感謝し、病気に「ありがとう」と云えることです。
そこから反芻自戒して、心を悔いて改めたことです。
人間らしい本当の意味での美しい心を取り戻すと、病気は快方に向かうのです。
自分の子どもの才能を伸ばそうと思ったら、子供に「ありがとう」という言葉をつねに唱えさせるように躾ける事です。
天才君に育つための唯一の方法です。

人間の肉体の内部には、見えない世界の波動である聖霊体が備わっています。
聖霊体とは、幽体,霊体、精神体、神体とその眷属たちのことです。
とくに幽体、霊体には、生命体を他の外部波動から守るための防御機能が備わっています。
波動バリヤー機能、結界を形作っているのが幽体、霊体です。
第一線の防御機能が幽体であり、この幽体が破られると、第二次機能としての霊体バリアーが防御面で働くようになります。
幽体には龍泉というチャクラが何箇所かあり、このチャクラが開いたり、閉じたりして、外部波動を遮断したり、受け入れたりします。
外部波動には、対峙する相手の怨念波動や憎しみの波動、怒りの波動などですが、大切な波動もあります。
生命体にとって不可欠な宇宙生命エネルギーの宇宙波動の吸入、排出も龍泉というチャクラから取り入れたり、排出したりしています。
この龍泉は気泉ともいい、チャクラともいいますが、このチャクラが閉じると、悪い外部波動もシャットアウトしますが、同時に必要不可欠な生命エネルギーである宇宙エネルギーもシャットアウトされてしまいます。痛し痒しです。
そして、このチャクラがもう一つ閉じる理由があります。
自分の内部波動によって、閉じてしまうということです。
ここは大事なところですので、覚えておいてください。
内部波動によって閉じてしまうとはどういうことかというと、心のネガティブな感情波動によってチャクラが閉じてしまうということです。
恐れや不安、怒りや憎しみ、怨念、妬みの心などの否定的でネガティブなマイナスの心の波動によってチャクラである龍泉が閉じてしまうということです。
防御体である幽体がチャクラを厚く覆ってしまうため、宇宙エネルギーの供給が遮断されることになるのです。
ストレスやトラウマの心、ネガティブな心を持つと、そういう内部波動の影響によって、流入すべき宇宙エネルギーがストップしてしまい、破壊神経が作動するようになり、あらゆる病気の発生となります。
しかし、心や感情が安定していて、ポジティブなプラスの心を持つと、チャクラである龍泉は大きく開き、宇宙生命エネルギーを十分に取り入れようとします。
感謝して「ありがとう」というと最大限にチャクラが開き、十分な宇宙エネルギーが入ってきます。
ニコニコ笑顔で笑うと、そういう喜びの波動によって、さらに龍泉が活性化して、無限の宇宙エネルギーを引き寄せてくれます。
「笑顔、ニコニコ、ありがとう!」という心の状態により、宇宙の調和のエネルギーが最大限に共鳴調和して、元気健康になるということです。
ですから人間の幸不幸、運不運は、心一つなのですよ。
いつも幸せと感じながら、感謝して毎日を過ごすことが、健康には不可欠ということです。

■ありがとうの波動
以前、ありがとうは魔法の言葉と書きました。
誰もが、ありがとう、ありがとう、ありがとう、とニコニコ笑顔で念じていれば、大いなる宇宙意識と同調してきます。
ありがとうは神の言葉です。
ありがとうと言えば、波動が自然と同調してきます。
このエネルギーに包まれると、どんな病気も、症状、トラブルからも開放されることでしょう。
唱えつづければ、いかなる道も開けていくでしょう。
「ありがとう」には、どんな真言、祝詞よりも強い霊力があります。
大宇宙の大いなる存在に対して「我が命、今、ここに、こうしてあることを、感謝します。」と念じるとさらにベターです。
心を込めてありがとう、というと何倍もの波動が身体に流れます。
ありがとうと3回つづけると、さらに何倍もの波動が流れます。
本気でそう思うと無限に波動が流れます。
不運を神に祈ってもダメです。人の命運を分けるものは闇の感情です。
闇の感情とは、マイナスの負の感情です。
判りやすく言うと、よくない感情、好ましくない感情のことです。
闇の感情に支配されると、自分を見失います。
自分というものを滅ぼしてしまいます。
そうならないための3原則があります。
他者を害したり、貶めたりして恨みを買った場合には、とにかく謝って許しを乞うことです。
「ごめんね」と謝ることから、すべてが始まります。
そして、善なる行いをすることです。
積み重ねた罪、穢れを祓うには、それに見合った光の波動で中和させなければ、因果の法は認めてくれません。
人の為、世のために尽くすことです。
人助けを率先して行うことです。
奉仕活動や人に親切にすることです。
他者から害された場合には、怒り心頭、恨み骨髄ですが、自分のためには、相手を許すことです。
人間としての本当の強さがないと、赦すということなど出来ません。
そこを赦せるようになれば、神の法則により、魂は調和へと向かいます。
そして、日ごろの日常生活の人間関係の中で、互いに誹謗中傷しないように、害し合わないように、「感謝の心」「愛の心」「寛容と赦しの心」をもって過ごすことが大切です。
こうした光の感情の代表格である感謝と愛と赦しの心は、天から与えられた最高の贈り物です。
人の心を守護したり、初期化したりする最高の天使たちです。
闇に呑み込まれた心を守る守護神です。
いつも心を込めて、「ごめんね」「ありがとう」が大切なな思いで真剣に唱えると、強いとか弱いというレベルではなく、何にも勝る崇高なエネルギーが流れます。
ありがとうは、やはり魔法の言葉です。
ただ、商売用のありがとうはダメですよ。
次元の高い波動を引き寄せようと思ったら、心を込めて、ありがとう、と唱えればよいのです。
天から精霊たちが舞い降りてきます。



by toukokira-kira | 2018-11-30 21:11 | Trackback | Comments(0)

「ありがとう」の幸せ

■ありがとうの幸せ

あなたがこうして生まれ持った命運に対して、「運命」は自分の意思で変えていけるものです。
そして、人間の運とは、人によって運ばれてくるものです。
それ故に「運」と言います。
誰に運ばれてくるのかというと、運は、めぐり合った人々によって運ばれてくるものです。
ですから、人との出会いを大切にし、人を大切にしない人には、絶対に運は巡ってきません。
幸運は、人が運んでくるのですよ。

それゆえに一期一会というのです。
人との出会いを大切にしようということです。

俺が、俺がと、一人相撲を取っていては、運は絶対に巡ってきません。
運とは、自分の力で掴み取るものと錯覚してはなりません。
人が運んでくるものが「運」です。
ですから、人生の中で出会う人々を大切にすると、その人たちがあなたに幸運を運んでくるのですよ。
運とは、人が運んでくるものだということをお忘れなく。
ですから人を大切にしない人には、決してよい運は巡ってきません。

これは宇宙の法則であると同時に運命の法則でもあります。
人生の中で出逢うすべての人に「ありがとう」と感謝しましょう。





by toukokira-kira | 2018-11-30 20:54 | Trackback | Comments(0)

すべては必然

世に偶然はない。
苦しい現状を何かのせいにしてはなりません。
誰のせいでも、何のせいでもありません。
もちろん、偶然のせいでもありません。
あなたの想いや考え方、これまでの行動がすべての現象をつくりだしているのです。
すべては必然なのです。
ですから、あなたが変わらないと、世界はいつまでも変わりません。
これまでの考え方や行動を根本から変えないと、世界は変わらないということです。

by toukokira-kira | 2018-11-30 11:28 | Trackback | Comments(0)

「ありがとう」の奇跡

■ありがとうの人生
周りのすべてに感謝しないばかりか、何でも自分一人だけの力でやっていると思っていると、神様から見放されて、大変なことになりますよ。
そういう生き方をしていると、やがては必ず、悲しみや苦しみ、虚しさや疲労感、葛藤する心で心が押し潰されることになります。
宇宙や天の神様に向かって、「ありがとう」と唱えましょう。
感謝の心を込めて「ありがとう」と言いましょう。
「ありがとう」「ありがとう」と言っていると、悲しみも、苦しみも、疲労感も、知らぬ間に消し飛んでしまいます。
長い人生を元気健康に渡っていくには、「ありがとう」という神様の言葉とともに歩むことが大切です。
今日も「笑顔、ニコニコ、ありがとう!」ですね。

■ありがとうの奇跡
「あるがとう」の方程式を解き続けてきましたが、知れば知るほど、「ありがとう」の言葉は奥深いのです。
「ありがとう」についてこれほど詳細に書き綴っているものはたぶんないものと思います。
この私の「ありがとう」の記事を聞き及んだ人で、うつ病の人や難病などの病気で苦しんでいる人は、「ありがとう」の言葉をまず三日間続けてみてください。
1日1000回程度唱えてください。
症状の重い人は、1週間続けてみてください。1日1000回、1週間続けると、小さな奇跡が起きるかもしれません。
1週間続けることが出来たら、今度は30日間のチャレンジです。
30日間唱えると、3万回になります。
これができたら、次は100日間にチャレンジしてください。
100日間、毎日1000回唱えると、10万回になります。「ありがとう」を10万回唱えると、いろんな奇跡が身の回りに起きてくるかもしれません。
「ありがとう」「ありがとう」と唱えると、身体の細胞が敏感に反応して、活性化してきます。
治す力である自然治癒力が活性化し、病を癒します。
心も、精神も、魂も、肉体もピュアになって、本来の元気健康な身体の働きを取り戻します。

これまで数十回にわたって、何度も、何度も、繰り返して「ありがとう」という言葉とともに、毎日を過ごすことの大切さを書いてきました。

そうすることによって、自分の運も、人生も自然と拓けていくからです。

これからもづっと機会あるごとに「ありがとう」について書き続けようと思います。


by toukokira-kira | 2018-11-30 11:03 | Trackback | Comments(0)

「ありがとう」の悟り

■ありがとうの悟り
これまで随分と情熱を込めて「ありがとう」について書き綴ってきました。
「ありがとう」という言葉は、魔を祓い、邪気を祓い、霊鬼を退散させるだけではなく、命運律を上昇させ、人生や運命を好転させる不思議な力をもった神の言葉です。
暗い夜道を歩いていて、嫌な危険な波動を感じたならば、すぐに「ありがとう」「ありがとう」と唱えながら通り過ぎていきましょう。
通り魔に狙われていたとしても、「ありがとう」の波動があなたを守ってくれます。
通り魔の行動が、「ありがとう」の波動によって、行動が抑えられ、「ありがとう」と唱えている間は、悪行が一瞬停止させられるということです。
車を運転していて、何かしら不安や危険を察知したならば、すぐに「ありがとう」「ありがとう」と唱えながら運転してください。
八方塞がりの災いであっても、その災いから避けることができます。
新しく引越しをして、新しい部屋に入ったら、部屋の空気が淀んで嫌な気がして重かったという人も多いのですが、こんな時には、窓を全開して、「ありがとう」を唱えつづけながら掃除をしましょう。
何百回か唱え続けて拭き掃除をしていると、部屋の雰囲気がすごくすがすがしいものに感じてきます。
そしてその部屋でよく寝られるようになります。
邪気が中和されるからです。
「ありがとう」という言葉で、霊邪気が浄化されて、消滅していったということです。
「ありがとう」は、極めてシンプルな言葉ですが、この世で最強の力をもった言霊ということです。
「ありがとう」の言葉には、不思議な無限の力が秘められており、魂に力を与え、或いは、魂を鎮め、祓う力もあるのです。
この「ありがとう」という言葉は、古来、神様に対して感謝する言葉として使われていたもので、人間に対して安易に使うような言葉ではありませんでした。
最初に「ありがとう」という言葉を使ったのは仏陀である釈迦です。
サンスクリット語で、「めったにない、奇跡的なこと。それゆえに有り難し」という意味から釈迦は神仏に対して感謝をこめて使われました。
商人や商売人が日常的に使っている「ありがとう」は商売用の「ありがとう」ですが、真心を込めた「ありがとう」は、宇宙と通じる言霊となり、大宇宙と波動共鳴し、大調和を誘います。
我が流儀の真言マントラは、それゆえに「笑顔、ニコニコ、ありがとう!」なのです。
今日の教義は、我が流儀五心朝天法の真髄を極めたものであり、秘奥義の伝授に相当するものです。



by toukokira-kira | 2018-11-30 10:58 | Trackback | Comments(0)

聖言「ありがとう」

■聖言ありがとう
無限の力を秘めた言霊「ありがとう」については幾度も、幾度も書いてきました。「ありがとう」には魔界の気を遠ざける働きもあります。
短い5文字の言霊ですが、威力は絶大で、万巻の経典の言葉よりも遥かに力があります。
夜道を歩いていて危険を感じたならば、心の中で「ありがとう」と唱え続ければ、魔が避けていきます。
車の運転も「ありがとう」と唱えて運転すると、無事に目的地まで着きます。
怪異に出会ったときにも「ありがとう」で妖魔が退散します。
生霊に憑かれたときには、「封印」と唱えて、「ありがとう」と唱えると、魔が封印されて、退散します。
何度も繰り返しますが、「ありがとう」は不思議な言葉です。
大宇宙と共鳴する神の言葉です。
■元気パワー「ありがとう」
元気の秘訣は、「笑顔にこにこありがとう!」です。
私は、長い間、元気堂という治療院で患者の治療をしていましたが、当時の治療所の壁には「笑顔ニコニコありがとう!」の紙札を貼っていました。
言葉には不思議な力が内在しています。
にっこりと笑顔で、ありがとうございますと、声を掛けただけで、その場の雰囲気が一変します。
重い空気、険悪な空気が一掃され、場の空気が好転します。
笑顔とありがとうの言霊には、摩訶不思議な力が宿っています。
笑顔の力と、ありがとうの一語で一気に波動が明るく、軽やかに変わります。
宇宙につながり、宇宙と調和共鳴する最強の波動が、笑顔にこにこありがとうの波動です。
百万遍の真言、万巻の経文を唱えるよりも、笑顔でにこにこと、宇宙に向かって「ありがとう!」と言葉を響かせてみてください。
宇宙の無限の力、波動が身体に入ってきて、ルンルン気分になります。
言霊、形霊とともに、香霊というものもあります。
良い香り、清清しい爽やかな香りには、香霊が宿っており、心身の調和の波動となります。
音霊というものもあり、愛を込めて歌ったり、演奏したりすると、心身の調和を誘います。
とくにクリスタルの音霊は、最高の癒しの響きです。
メロディーでは、アベマリアなどの聖なる歌曲の波動が心身を調和させます。
笑顔と感謝、香りと音楽を人生に取り入れると、豊かで充実した人生となることでしょう 。



by toukokira-kira | 2018-11-30 10:52 | Trackback | Comments(0)

■ありがとうこそ
人の命運を分けるものは闇の感情です。
闇の感情とは、マイナスの負の感情です。
ネガティブな否定的な感情、消極的な感情のことを闇の感情といいます。
闇の感情に支配されると、自分を見失います。
自分というものを滅ぼしてしまいます。
そうならないための3原則があります。
他者を害したり、貶めたりして恨みを買った場合には、とにかく謝って許しを乞うことです。
「ごめんね」と謝ることから、すべてが始まります。
そして、善なる行いをすることです。
積み重ねた罪、穢れを祓うには、それに見合った光の波動で中和させなければ、因果の法は認めてくれません。
あなたの悪徳を打ち消すためには、人の為、世のために尽くすことです。
人に奉仕し、人助けを率先して行うことです。
奉仕活動や人に親切にすることで罪過が中和されます。
他者から害された場合には、怒り心頭、恨み骨髄ですが、自分のためには、相手を許すことです。
怒りを爆発させたり、相手を恨んだり、憎んだりすると、自分を限りなく貶めることになります。
そんなことをしていると、運命、人生が反転させることになります。
しかし、人間としての本当の強さがないと、相手を赦すということなど出来ません。
そこを赦せるようになれば、宇宙の法則により、魂は上昇へと向かいます。
そして、日ごろの日常生活の人間関係の中で、互いに誹謗中傷しないように、害し合わないように、「感謝の心」「愛の心」「寛容と赦しの心」をもって過ごすことが大切です。
こうした光の感情の代表格である感謝と愛と赦しの心は、天から与えられた最高の贈り物です。
人の心を守護したり、力を与えたり、心を初期化したりする最高の天使たちです。闇に呑み込まれた心を守る守護神です。
ですから、いつも心を込めて、「ごめんね」「ありがとう」の毎日が大切です。



by toukokira-kira | 2018-11-29 10:27 | Trackback | Comments(0)

この世の中で一番力のある言葉、言霊が「ありがとう」です。商売用ではなく、心を込めての「ありがとう」には無限の力が内在しています。
この5文字には、短いけれど、万巻の経文を唱えることよりはるかに力があります。解説すると、「ありがとう」は1冊の本が書けるほど意味深く、不思議な力をもった言葉です。
今回は、さまざまな角度、視点から「ありがとう」について書いてみたいと思います。
この記事を読まれただけで、きっとあなたの人生が変わっていくと思います。
この記事にご縁で結ばれた皆さんのご多幸をお祈りするばかりです。

「ありがとう」は「吾理力十」とも書きます。
この言葉の本来の意味は、大宇宙の計らいの中で、我が命いまここにあることを感謝し、得難い統べなる力よ、というぐらいの意味です。
ですから、「ありがとう」と唱えると、崇高かつ至高のエネルギーが流れます。

■「ありがとう」は無限の力
私たちは毀誉褒貶の間に身を置いています。
明日は身辺に何が起こるのか誰も判りません。一寸先は闇です。
人間は飽くなき欲望と際限のない執着に突き動かされていますので、財産を掴んだり、権力を掴んだり、地位や名誉を掴んだりと、色恋に浮かれたり、人さまざまです。
そういう人たちは、多かれ少なかれ、欲に囚われ、欲望に引き摺られた人たちです。
欲にまみれ、欲に溺れ、色恋に執着すると、自分が見えなくなります。
自分を失い、魂の自由度を失い、自分を滅ぼしてしまいます。
同様に、不安や恐怖、悲しみや苦しみ、怒りや憎悪に呑み込まれてしまうと、自分の心を滅ぼしてしまいます。
恐ろしいのはこうした負の感情です。
負のネガティブな感情はあなたの運命、人生を狂わせます。
命運律を下げるといことです。
負の感情をぬぐうには、感謝の心、赦しの心、寛容な心、愛の心で己の心を包むことです。
「ごめんね、ありがとう、ゆるします」という3つの言葉が運命を改善します。
こうした光のプラスの言葉と感情が負の感情を中和させて、消し去ってくれます。
これは宇宙の法則です。
愛を込めて「ごめんね」「ありがとう」といえば、怨敵にも心が届きます。
「ありがとう」を唱えることによって、身辺を覆う負の波動が中和されて、溶解します。

■「ありがとう」は神様の言葉
無限の力を秘めた言霊「ありがとう」については幾度も書いてきました。
「ありがとう」には魔界の気を遠ざける不思議な働きもあります。
短い5文字の言霊ですが、威力は絶大で、万巻の経典の言葉よりも遥かに力があります。
最強の真言、マントラと言っても過言ではありません。
訳のわからない意味不明な呪文を唱えるよりも、最強のマントラである「ありがとう」を唱えるとよいでしょう。
夜道を歩いていて危険を感じたならば、心の中で「ありがとう」と唱え続ければ。魔が避けていきます。
「ありがとう」の不思議な波動が魔界の波動を遠ざけてしまうのです。
「ありがとう」はこの世界で一番最強のプラスの波動ですから、魔の波動、闇の波動は弾き飛ばされて、近づくこともできません。
車の運転も「ありがとう」と唱えながら運転すると、無事に目的地まで難なく着きます。事故因縁の波動を背負った自動車が身辺に迫ってきても、「ありがとう」を唱えて運転していると、そうした災いの波動のものを遠ざけてくれます。
怪異に出会ったときにも「ありがとう」を一心に唱えることによって、妖魔が退散します。
生霊に憑かれたときには、「封印」と唱えてから、「ありがとう」と唱えると、魔が封印されて、退散します。
「ありがとう」は不思議な言葉です。
「ありがとう」は大宇宙と共鳴する神の言葉です。



by toukokira-kira | 2018-11-29 10:20 | Trackback | Comments(0)

幸せの法則

幸せ、不幸せは自分の心が決めることです。
自分の心しだいです。
幸せと感じるか、感じないかは、心の捉え方一つです。
そして、幸せの形は千差万別であり、無限に存在します。
何が幸せで、何が不幸かは、あなたの心がどう感じるかによって決まるということです。
世の中には成功者がたくさんいますが、成功者には共通することがあります。
心が幸せを感じているということです。
今が幸せでないと、成功はありません。
今が幸せか、幸せでないか、が成功のカギです。
つけ加えるならば、困難、苦難が多いからといって必ずしも不幸とは限りません。
試練、苦難を前に、前向きに前進しようとして、乗り越えていこうという人もいるからです。
苦難、困難は、天から与えられたチャンスでもあるからです。
内面の幸せが、幸せの波動を引き寄せ、成功の糧となります。自分の望む幸せを想い描いて、しっかりと意識をそれに向けると、幸せが与えられるということです。自分の欲しいもの、望むものを想い浮かべて、意識をそれに向けると、望むものが与えられます。勿論、努力することが大前提です。愛、感謝、喜び、ワクワク、幸せの心で満ち足りていると、あらゆるものが引き寄せられてきます。何もしなくても、向こうのほうから幸せなことがやってきます。これが引き寄せの法則です。自分の心と思いが自分の人生を創造しているのです。望むものをイメージしても、なかなか思うような結果がでなかったり、上手くいかなかったりすることもありますが、そのことに不満を言ったり、上手くいかなかったことに焦点をあてないでください。あくまでも望むものに焦点を当て続けてください。あとは、自分でできる努力を尽くしながら、宇宙を信じて待つだけです。宇宙は、自分の心に反応して、それを現実化してくれます。感謝の心をくれぐれも忘れないでね。人は自分の運命のデザイナーです。感謝することで、自分の人生をより豊かなものにできるのです。感謝の波動には不思議な力が秘められています。人間関係で悩んでいる人が多いのですが、人間関係を良くするには、感謝の心を持つことです。具体的には、その人の欠点ではなく、その人の感謝できる点に焦点を合わせる必要があります。感謝の波動が、よき物事と人間関係を引き寄せてくれます。何が起ころうとも、心配事にではなく、目標や夢に焦点を合わせていれば、間違いなく夢は現実のものになります。何があろうと、挫けない、負けないと口に出して言うと、夢の実現が確かな意志をもって、加速させることができます。自分の身に起こるすべてのことは、この世でやるべきことの一つ一つをを教えてくれています。すべて意味のあることです。勝つ人、成功する人は、絶対に諦めない人です。最後までへこたれないでやり抜く人です。負けない人です、挫けないひとです。心変わりのない人です。中途半端で投げ出さない人です。運命を分かつものは心の有り様です。心とは、思考と感情のことです。思考と感情が運命を分かちます。思考に情熱という感情を込めると、願望実現が近くなります。秘密にすればするほど物質化が早まります。どんな現実も想い、心、意識の結果です。望みを実現してくれる手助けは、周りの人々や、自然界からも来ます。愛、感謝の心は、引き寄せの法則そのものですが、イメージする力は、その法則を成功させる根源の力です。根源の宇宙力が働くためには、自分の心をコントロールすることです。心を十分にコントロールして、心の中心に、神の波動が入って、回転できるように、準備しておけば、すべてが現実になります。自分の心でイメージしているすべてが、自分の運命を決定づけています。そして、自分の心で放ったものが、そのまま自分に還ってくるのです。
by toukokira-kira | 2018-11-27 11:49 | Trackback | Comments(0)

道とは、真理とは

もうこれまでに何度も繰り返し書いてきましたが、今回も真理とか、道について少々書きます。
真理とか悟りとか、成仏とか、道とか、そういったものは、人が生きていくうえで目指すものであり、決して到達するものではありません。
あくまでも目指すべき目標であり、決してゴールでなく、ありえないということです。
人生において、人はまさに道なき荒野を迷い行く旅人である。
道を求めて、永遠に迷い行く旅人、それが人間です。
僧侶などの宗教家や、教祖といわれる人に多いのですが、真理を悟ったという人間ほど危うい存在はありません。
悟ったと思った瞬間、或いは、極めたと思った瞬間、前進の道が止まり、迷いの道に落ちていきます。
人生において、人は永遠の旅人。
永遠の求道者なのです。
何人も悟った、極めたなどと、驕り高ぶってはいけません。
永遠に目指し続けるもの、それが真理であり、悟りであり、道なのです。
決して到達するものではありません。
成仏とか因縁解脱とか、怪しいことを言ってはなりません。
断言しますが、この世に生を受けたもので、悟りを開いたものなど、天地開闢以来一人としていません。
古今の聖人君主といえども例外ではありません。
釈迦やキリストだって悩み苦しんで、努力して、永遠に目指し続けた求道者なのです。
バーリー語では、仏教の菩薩のことを修行者といい、如来のことを求道者と言います。本来の仏教では菩薩も如来も天上の超越的な存在ではありません。
迷い苦しむ人間であり、修行者であり、求道者であるのが菩薩であり、如来です。
人が神になったり、真理を悟った特別な人になったりすることは、宇宙の法則を冒涜することです。
そういう人に近づいて惑わされてはなりません。
by toukokira-kira | 2018-11-25 12:39 | Trackback | Comments(0)