<   2018年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「忍耐」の本当の意味

ブッシュ大統領は、人間を敵と味方に分けて対処する政治家でした。
「俺の意に反する人間はすべて敵だ」というのがブッシュ大統領の口癖であり、大方の欧米人が賛同する考え方です。
自分に賛成し、賛同する人間は味方であり、反対する人は敵であると云いました。
これは、神を信じる者は救われるが、神を信じない者は救われない、という二律背反的な思考構造からきています。

敵となれば、人類の祖先であるネアンデルタール人のDNAが作動します。
味方は人間とみなすが、敵となれば人間と看做さない残忍なDNAが働きます。

ネアンデルタール人は狩猟民族でしたが、草原で他部族と遭遇すると、壮絶な殺戮合戦となります。
同じ人間であっても、敵となれば、皆殺し、根絶やしになるまで殺戮が続き、躊躇なく、容赦なく、平然と殺害します。
環境によっては、私達にこの残忍な弱肉強食のDNAが作動するのです。

欧米人は、いつもカンカンに怒っています。
自分の意に反することに対しては、怒りの感情を爆発させます。
スポーツの応援合戦で殴り合いの喧嘩は、日常茶飯事です。
昨今は、「怒り」が現代人の主要なテーマのようです。
そういう本が一番売れているそうです。

怒りに対しては、「忍耐」がキーワードです。
忍耐と寛容の精神が大切ということです。
仏陀は、仏教の教えの中で、忍耐の必要性を一番に説かれました。
仏陀の教えは、ある意味では「忍耐」の教えといっても過言ではありません。
仏陀であるお釈迦様が説かれた「忍耐」とは、いかなるものでしょうか。
仏陀の「忍耐」とは、耐え忍ぶことでも、がまんすることでもありません。
我慢は限界を越えると、爆発して、激怒の心に変わる闇の心です。

忍耐の本当の意味は、落ち着いて、穏やかに、寛容な気持ちでいなさい、というものです。
仏陀であるお釈迦様がそう言っているのですよ。
忍耐=寛容な精神んことであり、穏やかで沈着冷静な精神のことです。
怒りの心を理性でコントロールできる状態が「忍耐」です。
人間にとって、やはり忍耐と寛容が一番肝要ということです。
「忍耐」という言葉の本当の意味は、我慢して、耐え忍ぶという意味ではありません。お間違いなきように。


[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-31 11:43 | Trackback | Comments(0)

霊魂の不滅

ソクラテスは一遍の著作も残していないので、その哲学、思想は、弟子のプラトンを通じて語られることが多い。

プラトンは名作「パイドン」の中で、ソクラテスの死を描いたが、このプラトンこそ、魂の不滅、永遠性を定義した人類最初の人物である。
勿論、ソクラテスの影響を大いに受けていましたが。
そして、キリスト教の教義に大きな影響を与えました。
キリスト教における魂の永遠性、魂の不滅は、プラトン哲学によるものです。

キリスト教哲学者から、聖アウグスチヌスに至るまで、みなプラトン主義者です。
プラトンとソクラテスというギリシャ哲学から出たものが霊魂の不滅、永遠性というものです。
今から2400年ほど前のことです。
それがキリスト教会に取り入れられて、霊魂の永遠性が聖書の教えとなりました。
そして世界中の宗教に霊魂の不滅という観点から影響を与えました。
肉体、心、意識、霊魂というものが人間ですが、肉体を失うと、心と意識は消滅して、霊魂だけが単独で存在し続けるという考え方です。
古流神道と全く同じ考え方です。

そして、死んだ者の霊魂は、それぞれの世界に引き寄せられていくと、プラトンはいいます。
善なる魂は、善なる世界に行き、悪なる魂は、悪なる世界へ引き寄せられていって、そこで魂は眠りにつく、とプラトンは言います。
これもまた古流神道の因果の法と全く同一なのです。

プラトンによれば、死とは、肉体から霊魂が離れて、霊魂が単独で存在する状態、眠りにつく状態と定義づけています。

プラトン哲学を取り入れたキリスト教会の聖書では、これにそった教えとなっています。

聖書では、死者のことを眠っていて、意識のない者と定義しています。
古流神道の定義と寸分も変わりません。

聖書の一節では「多くの者が、地の塵の中の眠りから目覚める。ある者は永遠の命に入り、ある者は永久に続く恥と憎悪の的となる」とあります。

私たちは、死ぬと、天国や地獄に行くのではない。
地の塵の中で眠る。
そして復活の時を待つ、これが真実であり、真理だと、プラトンは言います。
キリスト教会も同じ主張です。
これは、古流神道の輪廻転生の考え方と全く同じであり、相違点は何もありません。

霊魂の不滅、永遠性、死後の世界の幽冥観については、プラトンも、ソクラテスも、キリスト教会も、古流神道の世界も、全く相違がなく、共通点が多いのです。驚くばかりです。

まあ、キリスト教の場合は、イエスも、イエスを信じて眠りについた者も、神がイエスと一緒に導き出してくれるそうですが。
キリストに結ばれて、死んだ人々は、最優先で復活するというのがキリスト教です。その辺は少し違いますが。

2000年の歴史をもつ古流神道と、2400年前のソクラテス、プラトンの世界と、キリスト教会とは、基本的には全く同じ哲学、思想に貫かれています。
[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-31 10:33 | Trackback | Comments(0)

老子の無と有

老子は、太上老君とも呼ばれ、中国の神様として畏れられ、崇められている凄い人物です。
陰陽師の陰陽道は、老子の神仙思想に由来しています。
この老子の言葉に、「無と有」について述べられたものがあります。
老子の思想は大変難解で難しいのですが、なるほどと思うものもたくさんあります。「精神的に弱っている時に老子の言葉に救われた」という人もいますから、 その一つをご紹介します。
ここに紹介する言葉は、自分自身の存在意義を見失った時に一筋の希望となること間違いありません。

「無」こそ、「有用」、「有益」の源である。

一見、無意味に見える存在にこそ、「有」の源があります。

…そう教え説く老子の言葉は、
「自分なんてダメな人間だ」
「自分なんて生きていても役に立たない」
と、自分を卑下するモードに入っている時に、明日を生きるパワーをくれます。
無こそ有なりということです。


[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-30 11:51 | Trackback | Comments(0)

孟子「四端の心」

四端の心は、わが流儀、五心朝天法の根本心です。
心の霊的階層を高めるためには修養する必要のある必須の心構えです。
陰陽師の法を使うには、正義の波動の放出が不可欠ですから、修養によって四端の心の獲得を目指します。
この四端の心の教えは、中国の孟子が唱えたものです。
もともとは、神仙術を使う仙人の心の有り様を説いたものです。
人間は、正しい因果律を悟って、正義の心で、楽しく、仲良く人生を送るのが理想です。
四端の心をもって生きると、正しい因果律を悟って、正しく生きることができます。
人間の真実の心、本当の有り様が理解できるようになります。
四端の心の実践は、仁義礼智信の実践です。
四端の心とは、惻隠の心、是非の心、羞悪の心、辞譲の心の4つです。
惻隠の情とは、他者の苦境をみて見過ごしにできない心のことです。
是非の心とは善悪を見極める心のことです。
羞悪の心とは、恥ずべき心のことです。
辞譲の心とは、良き事は人に譲り薦め、悪しきことは自分が引き受けるという謙虚な心のことです。
この4つの心は仁義礼智信の実践です。
仁は憂えず、義は正しく、礼は規律ある生活、智は惑わず、信は疑わず、勇は恐れず、謙は謙譲です。
仁の「憂えず」とは、双眼の色変わらざるは憂なきに似たり、の憂いです。
この憂いには、他者の逆境を見過ごしにしないという意があります。
他者の苦難、困難を見て、知らぬふりするような心ではありません。
自分の命を捨ててでも、他者の苦境を救おうとする心です。
「義の正しく」は、正義心のことです。
正しい因果律を悟って、正義心をもって行動できるということです。
正義心とは、万人の誰もが認める行為を正義といい、自分の喜びが他者の喜びにつながるような心を正義心といいます。
他者のことを考えずに、自分本位に欲する心のことを罪悪心といいます。
身勝手で利己的な心は、罪悪なのですよ。
「礼」とは、規律ある生活態度のことですが、所作、態度、心配り、心遣いのことです。
美しい言葉や所作、態度、心遣いには、心の美しさがあります。
「智」の惑わずは、宇宙の知恵、宇宙の真理、自然界の摂理を悟るということです。
「信」の疑わずは、自分を信じ、他者を信じ、宇宙を信じて疑わないということです。
努力を尽くすことを誠といい、誠を尽くすことを信と言います。
人と交わる道は、信と仁(情愛)にあります。
人の世界では、信なくば立たず、です。
信を一端失くすと、誰からも相手にされません。
「勇」の畏れずとは、物事に動じない胆力を備えていることです。
最後の「謙」は、謙譲の心のことです。
これは生きていく上で、大切な心構えです。
この「謙」が重要です。世の中を渡るには謙と予の二つが大切だからです。
謙とは謙譲、予とは準備ということ。
謙譲とは、利益を人に譲って、害を自分が引き受けるのが「譲」であり、よい事は人に推し、悪いことは自分がとるのが「謙」である。
要は謙虚な心ということです。
世間の中で、過失を免れる方法は謙譲にあります。
謙譲とは、達人の心です。
上から目線の驕り高ぶった心のことではありません。
劣等感も優越感も超越した心です。
相手の言葉、顔色で意味を深く洞察し、智慧深く、用意周到であるがゆえに、他者に対して謙るのである。
「謙」の形を極める者は、人生の達人である。
真の勇者は、臆病者のようであり、真の知恵者は、愚者のようであり、真の巧者は、下手のように見えるのです。
権威,権勢を示すことはなく、どこまでも謙虚なのです。
私のブログは非公開記事も含めて4500編ほど収録されていますが、実は、この1編の記事「四端の心」を理解し、真に悟ることができれば、あとの記事は不要なほど重要なものなのですよ。
四端の心を修養し、その実践としての仁義礼智信を極めることが大切です。



[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-30 11:44 | Trackback | Comments(0)

孔子「天命」

「人事を尽して天命を待つ」とは、「人智を尽して天命を知る」とも言いますが、これは、自分の全力をかけて努力をしたら、その後は静かに天命に任せるということです。
儒教の生みの親である孔子の言葉がこの天命です。

最善を尽して、やるだけやったら、後は天に任せる。
事の成否は人知を越えたところにあるのだから、どんな結果になろうとも悔いはないという心境のたとえをいいます。
誠を尽くして、最善を尽す、あとは天に任せる。
結果が出なかったら、また一から誠を尽くして、最善を尽して、努力すればよいだけのことである。

人事を尽くして天命を待つとは、人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果を気にすることなく、天の意思に任せるということです。
最善を尽して、やるだけやったら、結果など毛頭も気にしない、天の意に委ねるだけだ、という心構えです。
孔子はそう言っているのです。

私は、この「人智を尽して天命を待つ」という言葉が好きです。
後悔のないように、最善を尽し、やるだけやったら、もうそれでよいのです。
結果など、問題ではありません。天に任せます。
結果が良ければ喜べばよいし、結果が悪ければまたさらに頑張ればよいのです。

結果に執着せず、努力を楽しみながら、水の流れのようにサラサラと生きることが大切です。
そういう意味で、「人智を尽して天命を待つ」は私の人生を貫く一つの座右です。いい言葉だと思います。
[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-30 08:33 | Trackback | Comments(0)

良寛さん

今回は、一托鉢僧として漂泊の人生を歩んだ良寛さんを紹介します。
常に貧を友として、清貧の美しい生涯に生きた禅宗の僧が良寛さんです。
私は日本の仏教をあまり評価していませんが、良寛さんは別です。
良寛さんには美しい「清貧の心」があります。
日本仏教では空海、道元といった凄い人物も輩出していますが、良寛さんも私は凄い人と感服しています。
良寛さんの心は、有名な「花無心」という詩の中に感じ取れます。
花開くとき、蝶来たり、蝶来るとき、花開く・・。という有名な詩です。
すべてが天地の道理、大自然の摂理にただ従って生きている、という悟りの心がそこにあります。
私は、20代の頃から、この詩が大好きで、いつも口ずさんでいました。
足れるを知り、虚飾のない誠実、正直な人生を送った人であり、尊敬してやまない愛すべき僧です。
ブータンやミャンマーの僧と同じように、本物の仏教の僧侶です。

僧侶とは、良寛のごとき人をいうのであって、今の日本の僧侶のように権威をかざして、着飾って、平気で血のしたたるステーキを食べ、タバコを咥えながら左ハンドルの外車を乗り回すような僧侶とは大違いです。

『花無心』
花 無心にして 蝶を招き、 蝶 無心にして 花を訪ぬ。花 開くとき 蝶来たり、 蝶 来たるとき 花開く。
もまた 人を知らず。 人もまた 吾を知らず。知らずして 帝則に従う。


花は、蝶を招こうとして咲いているのではなく。
蝶に、花を訪ねようという心があるのでもない。
花が咲くと、蝶が飛んできて、蝶が飛んでくる時に花が咲いている。
自分も、他の人々のことは知らないが、他の人々も自分のことを知らない。
互いに知らないながら、天地の道理に従って生きている

[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-29 12:14 | Trackback | Comments(0)

渡辺華山の母

渡辺華山の母は、日本の賢母としてつとに有名です。
渡辺崋山は寛政5年(1793)9月16日、江戸麹町の田原藩(現在、愛知県渥美郡田原町)上屋敷に長子として生まれました。

父定通は家老とはいうものの、田原藩は一万二千石の小藩であり、しかも病身。
その上、七人の幼い弟と老祖母を抱え、母の手ひとつで貧窮極まる一家を支えていた。
崋山は母を助けながら、苦労して儒学、画、漢学などの勉学に励む。
11人の妹弟を食べさせるために、幼くして、崋山は商人の家に丁稚奉公に出ました。
10歳の崋山は武士の家老の子でしたが、一生懸命に丁稚奉公に励みました。
慣れぬ仕事ゆえ、いじめられて辛い苦しい毎日でした。
冬は、素手、素足で雑巾掛けをするので、アカギレになり、荷物を縛る縄目がアカギレの手指に食い込んで我慢ができませんでした。
アカギレの割れ目がパックリと裂けて痛むので、アカギレの割れ目に真っ赤に焼けた囲炉裏の火鉢を押し付けて、治そうとしました。
ジュジューと皮膚が焼け焦げる臭いがしたそうです。

辛い苦しい丁稚奉公は、過酷さ艱難辛苦を極め、ある日、崋山は堪えられなくなって、奉公先を逃げ出して、冬の雪道を、冬着も着ないで、素足の草履のまま、山を幾つも越えて、何日間も歩き続けて、やっとの思いで、夜道を母のいる実家に帰ってきました。空腹と寒さで凍え死ぬ一歩手前の状態で実家に辿り着いたということです。
「ああ、やっと着いた」「これで命が助かった」と華山は内心安堵しました。
ところがです、そう思って玄関先に入るなり、崋山の母は、鬼のような形相をして、玄関先で崋山をしかりつけ、「お前の帰ってくる家はない」「さあ、さっさと奉公先へ帰れ」と冷たく、追い払うのでした。
取りつく暇もありません。
「少し休めとも言わず、これを食べろとも言わず」無情冷淡にそのまま追い払うのでした。
崋山は、仕方なく、冬の寒空の中、夜道を引き返していきました。
引き返す道は、空腹と寒さで身体は震え、まさに生き地獄でした。
顔は涙で凍りつきましたが、この経験は華山を大きく変える契機となりました。

華山の母はというと、「崋山や、堪忍しておくれ、お前のためなのだから」と目を真っ赤に腫らして、華山の身を案じながら泣き続けました。
「どうか無事に奉公先へ帰っておくれ!」と地蔵様にお祈りしながら、泣きつづけました。

この一件以来、崋山は、どんなに辛く苦しくても、弱音を吐くこともなく、辛抱、忍耐で乗り切りました。
辛抱に辛抱を重ね、忍耐に忍耐を重ね、ついには丁稚小僧から家老職にまで登りつめました。

そして後年、蛮社の獄の後、自刃するまでに、数多くの優れた画、漢詩、和歌、俳諧、書物を残しています。
 また崋山は、高野長英、小関三英、江川坦庵らの蘭学者と交流しつつ蘭学を学び、当時の日本人で最も外国の事情に明るい人物の一人になりました。
その外国についての多くの情報を背景に国際情勢を論じ、鎖国日本が世界の水準よりはるかに遅れていると攘夷の非をとなえ、憂国を訴えた大人物でした。
そして、何よりも母が立派でした。
涙をこらえながら、可愛いわが子を谷底に突き落とし、辛抱と忍耐の大切さを教えました。
この母なくして、渡辺華山はありえなかったのであります。




[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-29 11:44 | Trackback | Comments(0)

正直者はバカをみるか

このブログを読むと、自然と仏教や宗教にも詳しくなります。
私は古流神道の修行者ですが、仏教や世界の宗教には関心があります。
過激?な発言も多いので、読者には、心の中に葛藤も生じることでしょう。
でも私は、「是非の心」に従って、単刀直入に書いているだけなのですよ。

日本には、「正直者がバカを見る」という言葉があります。
そして、日本の常識になっています。
多くの知識人は、現実に照らして、全くそのとおりだと思っているのに違いありません。
あなたはどう思いますか。

知識人たちは、正直者がバカを見るというのは日本の常識であると言い切っています。
さらには「まあ、世の中、正直者がバカを見ないことも、ごくまれにはありますが、そんなことは稀です。
努力が報われることも、めったにないことですが、まれにあります。
努力がむなしいものとは決して思わないが、それはごくまれな奇跡的な事件としてあるのであって、それ以上ではない。」とも言っています。
果たしてそうでしょうか。

さらに彼らの主張は続きます。
「私の経験からいって、正直者はおおむねバカを見ますと。
努力はほとんど報われることはありません。
こういう見方は捻じ曲がっているのかも知れませんが、一面の真実だ」と言います。

果たして、日本の世の中では、正直者はバカを見るのでしょうか。
それが日本の常識なのでしょうか。
善因善果という仏教の法則を否定していいのでしょうか。

とくに、近代の精神、理性は、仏教の因縁因果の概念を否定するところから生じていますので、仏教のインチキ性を逸早く見破っています。

ともあれ、因果の法は、非常に合理性の高い法則です。
原因・結果の法則は宇宙を支配する法則です。
日本流に曲解された因縁、因果の概念がインチキだということです。
本来の因果の法は、近代理性と何ら抵触することはありません。

原因・結果の法則は、すぐに結果として生じるものもあれば、後で現れるものもありますし、人生の晩年に結果が出てくるものもありますし、今世で結果が出ない場合は、来世に持ち越す場合だってあります。
すぐに結果が出ないからといって、知識人たちのように、正直者はバカを見ると言い切ってよいものかどうかです。

「バカを見る」のがわかっていて、尚且つ、正直に善行を積むのが仏陀の佛教の教えというものです。


[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-29 10:13 | Trackback | Comments(0)

破邪降魔の祝詞

天照大御神は、500個の玉と勾玉の首飾りをしておられましたが、この勾玉は揺れて、ゆらゆらと揺れて、勾玉がぶつかり合う音をたてると、不思議な霊力を放ちました。
首飾りの勾玉が揺れ動くことをイメージしながら、下記の祝詞を唱えます。
悪鬼、怨霊、霊邪気、妖魔が退散していきます。
身辺に異変、異気配を感じたならば、唱えられるとよいでしょう。
破邪降魔の霊力の強い呪文、祝詞です。

ひふみよい 回りて巡る むなやこと
ふるべ ゆらゆらと ふるべ

とほかみゑひため
ひふみよいむなやここのたり
ふるべ ゆらゆらと ふるべ

とほかみゑひため とほかみゑひため とほかみゑひため
かんごんしんそんりーこんだーけん
祓い給え 清目出玉ふ

すさなるのおおかみ
くにのとこたちのおおかみ
おおひつきくにのおおかみ
はらいたまえ きよめたまえ

暗唱して覚えておきましょう。




[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-28 22:16 | Trackback | Comments(0)

生の証

ある見知らぬ人間の生涯を知るためには、最低3つのことを尋ねて歩いて知らねばならない。
「誰を愛したのか」
「誰から愛された人なのか」
「どんなことで人々から感謝された人なのか」である。
しかし、人を愛したこともなく、誰からも愛されたこともなく、世間に役立ったこともないという天涯孤独な人生を送った人の人生を尋ね知るすべはない。
この世に生きた証を残すためには、誰かを愛し、誰かから愛され、何かによって人々に感謝されたという存在である必要があります。
社会と関わらないで、一人ぼっちで生きている人々が大変多くなってきていますが、人生としてはどうなのでしょうか。
あなたは大丈夫ですか。
一度きりの大切な人生ですから、人を愛し、人から愛される存在になってください。
社会から喜ばれ、感謝される人生を送ってください。
それが生きた証ということです。

[PR]
by toukokira-kira | 2018-01-28 19:11 | Trackback | Comments(0)