<   2016年 05月 ( 62 )   > この月の画像一覧

敬して願わず

日本中に数え切れないほどの神社仏閣、礼拝堂などがありますが、そこには神も仏もおりません。どんなに立派で、巨大で、豪華絢爛であろうとも、人間の作った建物などに神仏は存在しておりません。神はただ一人、宇宙の中心にいて、光輝いています。天之御中主大神です。天之御中主大神は、役目ごとに八百万の神々にお姿を変えて、働いてくださっております。天之御中主大神の化身としての神々が大勢いるということです。しかし、神は「敬して、願わず」です。神は、そういう存在です。神仏に願う心は、こうして欲しい、ああなって欲しい、と願う心です。神仏にひたすら依存する心です。困った時の神頼みの心です。諸願成就を願う心、現世利益を祈願する心です。自立した自己の実現という独立心とは程遠い心境です。独立心を損ない、依存心を助長する心根がそこにあります。困った時の神頼みという心ほど人間として憐れな心はありません。情けない心模様です。神仏は寄り掛かって、頼るものではありません。神は「敬して願わず」です。

ですから「人智を尽くして天命を待つ」といのが神へのスタンスです。
人間にとっては、懸命に努力するということが大切です。
人に頼らず、自立した自己として、一生懸命に努力することが、神へのスタンスです。神の超越的な力を期待して、それに依存したり、仏の神秘的な力を頼り、それに依存する、そういう心が人間の心を限りなく貶めています。
魂のレベルが限りなく落ちていきます。
何者にも依存しない独立心こそ、神がお喜びになる心です。


[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-31 09:30 | Trackback | Comments(0)

大自然の力

人間の身体には、治す力である治癒神経や蘇生神経が備わっており、これらの神経が作動さえすれば病気は治癒すると云いました。治癒神経や蘇生神経は「ありがとう」という感謝の言葉に反応して作動するとも言いました。
そしてもう一つ大事なことは、大自然の力です。大自然の中に入って、大自然の息吹に囲まれて過ごすと、治癒神経が作動して、ストレスも病気も回復し、寿命も伸びます。
大自然の波動には、人間の体を蘇生させ、治癒させる特殊な力が内在しています。
大自然に包まれて過ごすと、人間は元気健康になるということです。
ですから、大自然の木々に囲まれながら、難しい顔をしないで、笑顔でにっこりと「ありがとう」と云って感謝して暮らすのが一番よいのですよ。

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-31 08:20 | Trackback | Comments(0)

秘儀「目元美人」

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 17:35

秘儀「スマイル美人」

美容整体法は数限りなくありますが、今回は秘儀「スマイル美人」を公開します。
秘儀「スマイル美人」は、口角を引き上げる美容術です。親指下の手首のポイントから
エネルギを流します。手首ポイントに第2指、3指、4指を揃えて当てます。皮膚圧で上方にもっていきますが、この時に、口角が上がる感じがあるかどうか確認します。上がる感じがなければ、再度、ポイントをずらして上方へ引き上げ、確認します。
口元周辺がビビビビと感じている間、口元が引き上がっていきます。
最後は甲状腺のポイントと手首のポイントの両面からエネ注して終わります。

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 16:50 | Trackback | Comments(0)

秘儀「花の栄光」

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 15:58

秘奥義「草原の輝き」

秘奥義「草原の輝き」は、全身の呼吸拡大、姿勢が良くなり、重心が整い、骨盤を正し、皮膚筋肉を正す総合的な治療法です。身体のすべての痛み、違和感が消失します。
秘儀「草原の輝き」の治療手順は、全身を一定の法則のもとに皮膚圧で操作していきます。まず、仰向けに寝た患者の、胸を操作します。胸を開いて、上方にイメージで上げます。お臍までは、開いて上げます。一呼吸で一操作します。呼気のときに、開いて上げます。お臍から下は、膝まではしめて下げます。膝から下はしめて上げます。すべて呼気操作です。一呼吸一操作ですよ。ゆっくり操作していきます。
うつむせの背中側の操作は、すべて仰向け時の反対です。背中は、しめて上げます。
骨盤から下、膝までは、開いて下げます。膝下は、開いて上げます。

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 13:32 | Trackback | Comments(0)

秘儀「霊獅子」

秘儀「霊獅子」は、右脳と左脳を第三の眼で包帯を巻くように、左回転、右回転させて、全生涯のストレス、トラウマ、全身の痛みを消滅させます。
患者の身体には一切触れません。第三の眼で患者の右脳をイメージして、左回転の渦を描きます。10回転ぐらいさせると、上下の脳を混ぜ合わせて、とろませると、悪い部分が混じり合って、とろーんとしてきます。
引き続き、右回りさせると、脳が浄化されて、脳がきれいになります。脳が利口になるということです。この作業を左脳でも同様に行います。左回転は悪いものを浮かび上がらせて、混ぜる効果があります。右回転は、活性化させる働きがあります。
つまり、左回転、右回転させるということは、混ぜ合わせて、とろくして、さらにそれをよくするということです。そうすることによって、ずっと良くなります。
混ぜ合わせるとは、右脳、左脳の良い部分、悪い部分を混ぜ合わせて、浮かび上がらせるという意味です。
秘儀「霊獅子」は、すべて第三の目によるイメージで行います。
最後に患者の頭の輪を右回転で5回転させて終了です。
患者は深呼吸も必要なく、ただ椅子に座っているだけです。
術者は手を患者のポイントにセットすることもありません。
あくまでも、第三の眼でイメージするだけです。
最初に、冒頭で「ストレス、トラウマを抜きますよ」「マイナスの思いを抜きますよ」と声かけだけ行います。
ですが、ストレス、トラウマ、身体の苦痛、痛みが強烈に消滅します。










[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 12:39 | Trackback | Comments(0)

ひ骨とは

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 11:22

秘儀「鳳凰」

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 10:49

非正規

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by toukokira-kira | 2016-05-30 07:48