人気ブログランキング |

2020年 02月 12日 ( 2 )

陰陽師の心得

経験から気づき、結果から学ぶというのが因果律向上の道ですが、ないものをあるものと信じ、それに執着すると、気づく力が失われるからこわいのです。
心も、魂も、あの世も、神の世も、見えないものの世界です。
人間界に流布する大抵の神仏は、人間の想像でつくり出したものです。
しかし、存在しないものを、存在すると固く信じて、追いかけると、悲しい人生となります。
そうした迷信に振り回されると、サキミタマの機能が弱まりますので、第六感を得ることが弱まり、気づく力を失うのです。
サキミタマは、本来の使命があるにもかかわらず、永遠に存在しない神仏を追いかけ続けることになるからです。
サキミタマには、『気づき」という重要な使命を担っています。
しかし、永遠に追いかけ続けているサキミタマにとっては、それどころではありません。そして、気づく力を失うのです。
気づく力を失った人生には意味がなくなるでしょう。
何のための人生かということになります。
人を正しい道に導くか、誤った方向へ導くかは、気づきの力しだいだからです。  

■サキミタマが弱ると心の力の分散が生じる
迷信によりサキタマの力が弱ると、他のミタマにも影響がでます。四魂は4つの働きの調和で心を生み出しているため、四魂の不合一は、雑念に囚われるようになります。心の力の分散が生じるということです。何をやるべきか、目的意識が希薄になります。心の分散を最も誘発している要素が、迷信的要素です。存在しないものを、存在するとして、自分の心を縛ります。宗教的迷信が最たるものです。このような人たちが法術を使うのは難しいということです。その迷信的概念が人を神から遠ざけ、術法の力を奪うことになります。そのため、わが流儀では、宝珠五行とともに、心の解脱、心の束縛からの解放を主眼に置き、教義を行っているのです。

■宝珠五行の必要性
宝珠五行は一生涯のものです。一定期間行えばよいというものではありません。五行は、人に隠された力を増大させるための修行で、効果は強力です。迷信的な術法は、何の力もありませんが、力に方向性を持たせた術法は強力です。宝珠五行は、実生活で乱されている心身を可能なかぎり調和させてくれます。古流神道は、古の知識であり、人が神を体感できる唯一の方法と考えて修行に臨んでください。

■イメージ力
イメージには凄い力が秘められています。単に、イメージ力が強い、弱いというだけの次元ではありません。イメージが世界を支配しています。イメージが宇宙の法則を貫いています。自分が思い描いたことが現実になる、思い描くという原因があって結果があります。これらは宇宙の法則ですが、すべてはイメージから生まれ、はじまります。

■霊止とは
心は肉体に入ることによって心となります。肉体に入らなければ、心は存在せず、空間に漂うエネルギーに過ぎません。宇宙の力は偏満して無限に存在しておますが、空間にただ存在しているというだけで、それ以上の意味はありません。宇宙の力は人間の身体に入ることによって、意味をもつようになります。無限に変化し、無限の可能性を内在しています。魂というエネルギーが肉体に入ることによって、四魂が生まれ、心が生まれます。肉体に入ってはじめて意識が生まれます。肉体がないと、宇宙空間を漂うエネルギーに過ぎません。人とは肉体に心が宿ったものであり、肉体に霊が留まるので霊止ともいいます。心は器により生じるのです。人は内なる神を内在させ、肉体と心のどちらかがかけると、内なる神は離れていきます。
■心の言語はイメージなり
脳は、心の指令により、動いています、変換機能、生命維持、一時的な記憶が脳の役割です。文字や言葉は、心が理解できる言語でないので、ちんぷんかんぷんです。脳が言葉や文字を、心が理解できるように、心の言語、宇宙言語に変換します。心の言語とは、イメージです。映像です。イメージで伝えないと、心には伝わりません。脳が逐一変換するのです。イメージで記憶すると、心が理解するので、忘れません。言葉や文字だけで記憶しても、心が理解していないので、すぐに忘れてしまいます。悟りとは、イメージにより心が理解した状態のことをいいます。無意識に行動できるというのは、心が理解しているということです。心が理解していないことは、行動に現れません。心が理解していることを、その想いを肉体を使って表現しているのです。事が成就するには、心が理解している必要があります。心が理解していないことは、行動に現れません。成就することはありません。この手順に従わないものは、この世界には存在しません。心が理解せず、心で想わないことは、何一つ実現しないというのが、宇宙の法則です。逆に言うと、心が理解し、悟っていることは成就するということです。言葉や文字では、心は悟れず、イメージだと、心が悟り、成就へ向います。すべては心が支配しているということであり、その心が理解し、悟ることのできる宇宙言語がイメージです。

■宇宙の法則
心が理解し、心で想わないことな、何一つじつげんしない。これは宇宙の法則です。人は何にでもなれる無限の可能性をもっている。これも宇宙の法則です。人の思考や行動は潜在意識が支配している。これも宇宙の法則でしょう。すべての人には内なる神があり、無限の可能性をもっています。しかし、言葉や文字だけではそうはなりません。心が理解しないと、身体は目標に向いません。心が理解している目標は達成することができるということです。

■玄象法とは
心に意志を伝え悟りとなす、ための技術が玄象法であり、術法の根幹です。祝詞は、心の力を増幅させ、心の力に方向性をもたせ、力の集中を計ります。「事の発」とは、物事を成就させるために四魂に意志を伝える言葉です。
■祝詞とは
何をしたいのか、心に伝えるには、心の言語、イメージで伝えるひつようがあります。何をしたいのかという願望を心に完全に理解させるには、心の言語イメージと、もう一つ脳の力、事の発の力を借りる必要があります。心と脳が一体でなければ何事も成就しません。心に方向性をもたせ、肉体に想いを表現させる手段が祝詞です。心の思いであるイメージに方向性をもたせ、イメージだけでは表現できないことを言葉によって補うということです。祝詞は単体では役に立たず、心の言語であるイメージと組み合わせることによって力を発揮します。宗教的迷信は力を奪うので、術法の大敵であることを理解しましょう。

■印とは
心に自分の意志を悟らせるためのイメージ法、玄象法と、それに指向性をもたせ心と脳とが一体として活動させるための、祝詞について教義がありました。いつ発動するのか、力をフルに放出できるのか、古の賢者は心をサインによって制御することにより、必要な時に、必要な力を放つ方法を考案したのです。それが印です。サインにより力が自動的に発動するということです。
術法を実施する自分の姿をイメージする中で、それに印を加えるのです。そうすることによって、心はこの印と祝詞を組み合わせたときには、こう働かなければならないと感じ、実行するのです。いつでも発動するのではなく、印とカジリが発動の合図となり、心の指向性の力を制御することが可能となります。
目的のイメージ、目的の指向性、力の発動、を反復訓練を行ううちに、心が悟り、自動化します。術法のイメージをしなくても、祝詞と印だけで、心は悟っているので、自動的に力を発揮します。

by toukokira-kira | 2020-02-12 19:41 | Trackback | Comments(0)

陰陽師の修行とは

わが流儀の初伝の重要な教義を公開します。初伝の心学をすべて学ぶと、中伝、上伝の術法の修行に入るのですが、今回は中伝のあらましについて教義します。中伝からは、実践の術法となります。段々と複雑、難解になってきます。関心のない方には、意味不明で、読み続けることが辛くなることでしょう。陰陽師を目指す方は、中伝、上伝、奥伝、秘伝、秘奥義、神仙法、天照法と進んでいくことになります。最終的には、方陣結界と式神の法の修法を学びます。選ばれた者の世界となります。

術法修行
宝珠五行は一生通じて行うものであり、人のもつ力を増大させるものである。
宝珠五行は、基本修行である。
そして、中伝は具体的な術法の専修の修行です。
基本修行と専修修行は二つで一つです。
この二つの修行から「結び固め」という結果が生じます。
二つの要素から第三の要素が生まれるということです。これが十字の法則です。
陰の要素と陽の要素という二つの異質な要素から、第三の新しい要素が生まれるということです。これを別名「生々流転」ともいい、十字の法則は宇宙の基本法則です。
■アメノミワザ
アメノミワザとは宇宙の力、自然界の力のことです。
アメとは、「天」と書き、宇宙に偏満する力を表し、その力は人間の身体に入ることによって、力は力として発現するという意味です。
宇宙の力は無限に偏満して存在するが、それだけでは存在しているだけで、力にはなりません。人が利用可能な力となるには、宇宙の力が人の身体に入ることです。身体に入って初めて力を表現することができるということです。術法としては、イメージなどの瞑想の技がこれに該当します。
イメージ、想念を駆使して行う術法をアメノミワザと言います。
ですから、陰陽師の業を駆使するには、イメージ力が必要になってきます。
超人的なイメージ力を獲得するには、閉眼ではなく開眼によるイメージ構築法が不可欠です。
■クニノミワザ
アメノミワザが宇宙の力、自然界の力を表すのに対して、クニノミワザは、物質界の力を引き出すことを示し、人の中にある力を活性化して利用する技となります。これは言霊の法ともいいます。護符やモノザネの法です。手から放出される奇火(クシビ)の技です。魂入れ、魂抜き、魂遷しの術法です。

■術法の力を奪うもの
術法とは、自然界に偏満する力、すなわち、地球と宇宙世界に偏満する力を自身に取り込み、潜在する力を増強し、その力に方向性、目的をもたせ、増幅と方向性という二つの要素の調和によって強大な力を発動させる技術です。
しかし、この力を得るためには、心に迷信的な思考があると、思考が拡散するため、自然の力、人のもつ潜在的な力を無意識的に拒絶してしまいます。
力の発動が弱くなるということです。悪くすると、全く発動しません。宗教の迷信世界はよくありません。それゆえに、陰陽師を目指す人は、宗教的な迷信世界から抜けださないと術法を使えません。一般の方は、宗教に帰依してもよいのですが、陰陽師を目指す人は、迷信から完全に離れる必要があります。

■迷信の心は何故に思考拡散するのか
それは心の働きに秘密があるのです。四つの魂の総称を心と呼んでいますが、この心の特性として、実在しないものに祈願し、頼んだりすることはできません。神仏を信じている人は、信じている神仏に祈願し、頼みごとをします。サキミタマは自動的に神仏を探します。実際に存在すれば感応しますが、存在しなければ感応できずに、思いだけが空間に漂います。サキミタマに神仏に願いを伝えるように依頼したクシミタマは、反応が返ってこないため、さらに続けて願いをサキミタマに命じ、自然界に発信し続けることになります。
新興宗教の神仏は人の心が生み出した想像の存在であり、実際には存在しないため、サキミタマがどのように交信しても、応答がありません。通常は、自身と同等の精神レベルの星空間記録と感応することになりますが、この場合はそうなりません。神仏と交信せよとサキミタマに命令を出したクシミタマにも異変が現れます。

存在しないものを存在すると確信していることにその異変の理由があります。存在していないものに祈願したり、頼んだりと、依存することにも理由があります。これが本来備わっている力を奪います。直感、第六感が働かなくなり、人生にとって良くありません。実在しないものを、心が実在していると固く信じていると、その実在に信号を出し続けます。終わりはありません。サキミタマはそのことに全力を注ぎ、終わりがありません。そこに注意が集中しているので、終生、他の情報が得られなくなるということです。

それだけではなく、祈願というものは、他者にお願いすれば動いてくれる、許しを請えば赦されるという他力の考え方であり、自己逃避や責任回避の安直な心です。真の平安は得ることができません。因果律を無視したことになるからです。存在しない神仏をいつまでも追いかけるという受動体制が無意識で生じて、サキミタマがそのことだけに集中してしまい、人生に必要な他の情報が取れなくなり、命運を悪くするということです。第六感の弱体と他者に頼る、依存する性格により、教祖や霊能者、占い師という人たちに振り回されることになります。

by toukokira-kira | 2020-02-12 15:37 | Trackback | Comments(0)