人気ブログランキング |

2017年 02月 16日 ( 2 )

幽界の真実

幽冥界について綴ってきましたが、理解できましたか。
幽界は、まさに物質へと具現化する前段階のエネルギーで構成されている世界です。
幽界でエネルギーが凝縮し、ある程度の塊に成長すると、想念が物質化していくということです。
ですから、想っていないことは実現しません。
現実に顕れてくるものは、想いの蓄積の結果です。
想わないことは実現しないのです。
あなたの想いが幽界に飛んで、幽界という世界で想いが育ち、成長して、現実世界に影響を及ぼすということです。
想いが物質化し、現実化するということです。
あきらめない限りは、夢を見続けられる限りは、努力し続ければ、夢はいつか必ず、実現するということです。
途中で諦めたり、中途半端で投げ出したり、心変わりするから、骨折り損の無駄になるのです。
幽界は想念の世界です。
想念とは、想いの念ということです。
想いには、激しい感情が存在します。
想念とは強い感情を伴った想いということです。
幽界下層で霊界に行けないで自縛化する霊は、どす黒いドロドロとした負の感情を伴った想念の塊です。
いわば強い欲望や執着、怨念、憎しみの念、情念に囚われた霊です。
魔の心を引き摺っているため、身動きができずに、自縛化し、幽界から離れられないのです。
自縛化した霊ばかりではなく、生きている現界の人間の想念も、この幽界の中に渦巻いています。
人の想念も幽界で成長するといいましたが、怨念や憎しみの念は、呪いの念となって育ち、生霊となって、現実世界に顕れます。
人間の想念は、少しでも強く相手のことを思うと、相手のもとに飛んでいきます。その思いが恨みの念であったならば、ただではすみません。
一瞬の思いが生霊となって取り憑くこともあります。
この幽界という世界は、人間が想像できるありとあらゆるものが存在します。
その全体像を描くには、1冊の本が必要なほどです。
生霊の念波動は、邪悪なものが多いので、生霊が憑くと、肉体に悪い大きな影響が出ます。
同時に運気も下がっていきます。
寺院の僧侶などが、ご本尊を毎日拝み、想念を仏像に送っていると、ご本尊の幻影が幽界で育ち、成長し、やがては僧侶の前に、現実のものとしてご本尊が現れます。
幽界で育った偽りのご本尊です。
本物の神仏ではありません。
偽りのご本尊なのですが、幽界でさらに成長すると、自律的な意思をもった御本尊になります。
誰もが正真正銘の本物と想うでしょう。
幽界には、人の想念で作られるありとあらゆるものが存在しているのですよ。
この領域には、様々な霊的エネルギー波動が存在します。
人の感情を中心にした想念エネルギーや、想念体、生霊波動、浮遊霊,自縛霊のエネルギー、霊界に帰れない霊、悪霊、怨霊、妖魔の波動などが蠢いています。
幽界の下層は邪悪な想念で渦巻いており、さながら阿鼻叫喚の地獄です。
幽界とは、不思議な世界であり、摩訶不思議そのものです。
私達の知識や想像の中にあるものは、なんでも、あらゆるものが存在します。
偽りながら三千世界ですら存在するのです。
偽りの神も仏も、偽りの天使も悪魔も、何でも存在するのが想念世界の幽界です。危険なのは、そうした偽りの幻影が、意思をもって自律的に動き廻り、人を苦しめることがあるからです。
謙虚な心で、驕り高ぶることなく、誠実、正直に、愛をもって、真実の心で生きていないと、見破ることはできません。
人間の想念を基に、何でも実現されていく世界が幽界です。
現実世界に実現しなくとも、幽界では、想念を放ち続ければ、何でも実現されていく世界なのです。
くれぐれも、幽界で作られて、現実世界に顕れる神、仏、天使、悪魔、妖怪に翻弄されないようにしてください。合掌

by toukokira-kira | 2017-02-16 17:54 | Trackback | Comments(0)

年金の未来

私の母の時代には、年金財源は48人の若者が1人の老人を支える時代でした。
私の若い時分でも10人の若い世代が1人の高齢者を支える健全な時代でした。
100歳を超える高齢者は全国でも数人の稀少な時代でしたから、まだ高齢化社会ではありませんでした。
ところが、今や、100歳以上の人口が65000人を超え、神様のように崇められていた100歳以上の長寿者でしたが、今では珍しくなく、ごく当たり前のように受け入れています。
と同時に、超高齢社会の到来です。
現在、2,26人の若い世代が1人のお年寄りを支えて、年金財源が運用されています。
今後は、1,7人の若者が1人の老人をさせる時代に突入し、やがて1,3人の若い世代が1人のお年寄りの年金財政を支える時代がまもなく到来します。
年金財政が破綻することは自明の理であり、それゆえに、現在、高齢者の定義を65歳から75歳へと引き上げられようとしています。
高齢者の定義が65歳から75歳に変更され、75歳からの年金支給となると、75歳までは元気に働いて稼がないと、暮らしは成り立ちません。
若い世代にとって、まもなく大変な時代がやって来ます。
覚悟はよろしいですか。
あっという間に年を取るのですよ。

by toukokira-kira | 2017-02-16 10:47 | Trackback | Comments(0)