愛の法則

幸せの法則は、引き寄せの法則のことです。呼び寄せの法則とも言います。
引き寄せの法則は、実は、愛の法則と同一のものです。
愛の法則は、信頼の法則、感謝の法則と表裏一体であり、私たちの現実世界を貫く大切な法則です。
あのインドのマホトマ・ガンジーは、「愛の法則は、万有引力の法則と同じように、現実世界のあらゆる方向に作用します。」と云っています。
これは名言だと思います。
ガンジーは自然界の摂理をすでに理解していたのでしょう。
宇宙の理を悟っていたのかも知れません。
愛は、感謝の波動、信頼の波動とともに究極の波動です。
いわば神の光の波動です。
人間にとって愛こそすべてといってもよいでしょう。
イエスは「愛のない聖職者よりも、愛のある無神論者のほうがはるかに尊い」と説かれています。
またこうも言っています。
「愛のない成功よりも、愛のある失敗のほうが尊く、はるかに価値がある」と。
イエスは、愛のある行為は、何よりも尊いと言っているのです。
愛のある行為は、結果如何に関わらず、祝福の道であると断じています。
失敗しようが、成功しようが、上手くいこうが、いくまいが、愛のある行為は、それ自体がとても尊いものだと述べているのです。
愛の心が込められている行為によって、たとえ失敗しても、想うようにいかなくても、それは祝福されるものであって、決して代償を伴うものにはなりません。
清算すべきカルマ、悪因縁にはならないということです。
愛の行為である限りは、どんな結果であれ、それは光の行為、祝福の行為なのです。ここを忘れてはなりません。
愛、感謝の波動は、大いなる宇宙波動と共鳴し、調和する波動です。
愛と感謝の波動は、幸せを招きよせる波動であり、こうした波動に包まれて過ごすと、あらゆる良きものが引き寄せられてきます。
願わなくても、求めなくても。向こうのほうから勝手にやってきます。
愛と感謝の波動が、幸せと、豊かさ、よき人間関係を引き寄せてくれるのです。
これを波動共鳴の法則といいます。
愛も感謝の心もないものがいくら願っても、求めてても、幸せを招きよせることはできません。
魔の波動、闇の波動を祓えるのは、愛と感謝の波動だけです。
愛と感謝の波動は、この世で最強の守護神となるものです。
愛と感謝の心に包まれた自分の心こそ、自分の神であり、守護神です。
心は捉え方、感じ方一つです。
今が幸せと感じている人は、これからも幸せな人です。
今が不幸せな人は、これからも幸せになれない人です。
今、不平不満ばかりの人は、これからも不平不満の人生です。
これは100%間違いない宇宙の法則です。
あなたは大丈夫ですか。
毎日の生活の中で、愚痴や言い訳、不平不満ばかりいってはいませんか。
中途半端だと、愚痴が出てきます。
いい加減だと、言い訳が出てきます。
一生懸命だと、知恵が出てきます。

私達は、今、この瞬間、幸せを感じることで、自分の未来を幸せにすることができるのです。
物事に対する感じ方、捉え方によってすべては変わるのです。
失敗しても、その失敗を成功以上に活かせる人がいます。
そういう人には失敗という概念、言葉は存在しません。
事象に対する事の捉え方によって、すべてが変わるのです。
自分が変われば、周りが変わり、自分の未来が変わり、世界が変わるのです。
自分が変わるということは、物事の捉え方を変えるということです。
事の捉え方を変えるということは、性格を変えるということです。
性格は持って生まれた因縁なので、性格を変えることは容易ではありませんが、性格を変えることができれば、運命も、人生も変わるのです。
直感は、大いなる宇宙からのメッセージです。
神様からのメッセージといってもよいでしょう。
宇宙と直結した古の聖人たちは、自由自在に宇宙のメッセージを受け取ることができました。
必要なときに必要な智慧を受け取ることができました。
宇宙と直結した聖人は、道を誤ることも、判断を誤ることもありません。
大いなる智慧とともに生きているからです。
直感というものは天啓であり、素晴らしいものです。
迷ったときは、直感を信じましょう。
直感こそ、真実の道です。
この地球の周囲には、アーカシックレコードという先人たちの智慧の宝庫が存在しています。
そこは無限の魂の漂う記憶庫です。
そこから必要な智慧や情報が直感となって降りてきます。
自分の精神レベルに応じた波動の智慧が降りてくるということです。

[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28731160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-10-15 12:53 | Trackback | Comments(0)