彼岸花

お彼岸の季節がやってきました。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今年の秋分の日は9月23日です。
朝夕、ようやくしのぎやすい季節になります。
北海道は震度7の大地震に襲われ、市民生活は大混乱です。
北海道全域の300万戸の住宅が一斉に停電になりました。
電気がストップして冷却できないといことで、折角絞った大量の生乳が捨て去られました。酪農農家は悲鳴を上げています。
ガソリンスタンドには、長蛇の車の列が連なり、1台10リットルという制限つきでの給油です。
電気が遮断され、物流は完全にストップしているのです。
配送がストップし、市場も閉鎖されているため、イチゴ農家では折角集荷した大量のイチゴが廃棄処分になりそうです。
市内の多くのコンビニやスパーにはどこへ行っても陳列する商品がなく空っぽです。
物流が途絶えているからです。
市内のバスは、3日間完全にストップしました。
停電により、交差点の交通信号が消えて点灯しないからです。
地震の影響は数え上げるときりがありません。
私は豆腐と納豆と梅干が必需品なのですが、豆腐一丁、どこの店に行っても手に入りません。
夏の疲れと地震による大混乱の疲労が出てくるのがお彼岸だと思います。
とくに呼吸器系のカゼには十分な注意が必要です。
ところで彼岸花という花をご存知ですか。
彼岸花は天界の花とされ、曼珠沙華とも呼ばれる花です。
渋めのその紅い花には葉っぱが1枚もありません。
長い茎の上に花だけがぽつんとついているだけの花です。
神秘性を備えた変わった花です。
土に根を張るその茎は有毒で、墓を鳥獣から守るために彼岸花が植えられたいうことです。
ですが、彼岸花のその紅い花には食欲を呼び起こす働きもあるそうです。
お彼岸の日には、墓参りに出かけて、先祖に感謝したいものです。





[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28641989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-09-09 09:46 | Trackback | Comments(0)