人気ブログランキング |

★★手の平を回す

身体はすべからく波動バランスで保たれています。
波動バランスが崩れると、不調和となり、辛い症状や病気となります。
波動とは気の流れのことです。
身体の気のバランスには、上下、左右、内外、表裏とがあります。
バランスが崩れると、様々な症状が顕れます。
身体左右の波動バランスに大きな相違を生じると、身体も捻じれて、病気を発生させます。
とくに胸郭が捻じれると、背中の背部痛となって現れます。
手の平の労宮を調整すると、胸郭の捻じれ波動が解消されます。
体幹を大きく左右に捻ってみて、捻りずらいほうの手の平の上を時計周りに7~8回ほどグルグルと廻します。
そうすることによって胸郭の捻れが解消されます。これは秘儀です。
左右の捻じれを長い間、放置すると、難病などの病気を誘います。
左右の相違から、やがて身体の内外のバランスに相違が生じてきます。
内外のバランスに相違が生じると、生死に関係してきます。
上体と下体の上下波動バランスの異常は、腹部と臀部のしこりから生まれます。
異常な腹部では、健康は望めません。
腹部は健康のための王宮です。
腸管リンパは免疫力の王宮です。
異常な腹部では、波動の回転は逆回転しており、時計周りの右回転に修正すると、異常な腹部が調和してきます。
腹部を時計回りに回転させながら揉み解してあげると、異常な腹部が回復してきます。80回ぐらい手の平で回してあげるとよいでしょう。
身体全体の波動の渦が逆回転していると、辛い症状で苦しみます。
波動調整して正回転させると、つらい症状が消えます。
手で頭の先から足先まで、ぐるぐると、右回転で廻してやるとよいでしょう
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28556234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-08-13 12:58 | Trackback | Comments(0)