恩とは

「恩」という字の意味は、目上の人から受けるありがたい行為という意味ですが、古流神道的には、もっと、もっと深い意味があります。
「恩」の字は、「因」と「心」から出来ています。「因」とは因果の因であり、原因の因です。
自分のもとを知るということが「因」です。
今、ここに、こうして、わが命があること、自らの今日の姿のもとを知って、これを心深くに刻み付ける、そしてありがたく思って感謝すること、これが「恩」という字の本当の意味です。
ですから仏教の報恩感謝という言葉には、そういう深い意味があります。
天から与えられた我が命、我が魂に深く思いを走らせて、感謝することが「恩」の字の原点です。
自分が自分であることの所以を学び、その命に深く感謝するということが「恩」ということです。
[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28270557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-04-26 22:25 | Trackback | Comments(0)