どのように生きたかが大切

現代という時代は、富やお金に絶対的な価値観を抱く拝金主義の世の中です。
何でもお金で買える時代です。
愛や正義さえもお金で変える時代になってしまいました。
しかし、お金は大切なものですが、それがすべてではありません。
真にすぐれた人は、命懸けの努力をし、誰よりも汗を流した人です。
人間にとって、大切なことは、汗の流し方と、努力の仕様であって、富やお金ではありません。
汗と努力の結晶が人間の一生を決めるのであって、地位や名誉、権力があるから一番偉いというものではありません。
お間違えのないように。
どれだけそのことで汗を流し、努力してきたかということが、人間の価値を決めるのであって、地位が一番上だから偉いというものではありません。
人間にとって、地位や名誉よりも、どのように生きてきたかということがはるかに大事なことです。
[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28259302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-04-20 22:30 | Trackback | Comments(0)