人生とは魂との対話

仕事でも、スポーツでも、音楽芸術でも、研究でも、いやいややるのではなくて、楽しんでやる人には敵いません。
楽しんでやるということは、何ものん気にのんびりと要領よくやるという意味ではありません。
熱中して夢中になることでもありません。
夢中になっても、そういう情熱は誠に冷めやすく、長続きしないものです。
真に仕事を楽しむということは、仕事に対して、つねに変わらぬ心の緊張を失わないことだと思います。
毎日、コツコツと、一生涯、たゆまぬ努力を継続できるということが、「楽しむ」ということだと思います。
つけ加えるならば、仕事は人のためにするのではありません。
みんなそう思って仕事をしていますが、それは平面的で真実ではありません。
仕事は自らの魂を生かすためにするのものです。
自らの魂との対話が「人生」そのものということです。
ですから、自分の魂が後悔しないような生き方が一番ということです。
[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28252237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-04-16 22:20 | Trackback | Comments(0)