命懸けとは

地獄のような練習に耐え抜いて五輪で見事メダルを取った時に、練習は人を裏切らない、努力は人を裏切らないと、アスリートの誰もがしみじみと感じているようです。
戦争を知らぬ者には真の平和のありがたさがわからないように、地獄の苦しさ、どん底の苦悩を味わったことのない者には、本当の幸せや豊かさの意味がわかりません。
私はそう思います。
ですから、五輪のメダリストのように、限界を求めて、命懸けの努力をしたものでないと、真の栄光を掴むことは到底できないと思います。
笑顔でニコニコと感謝しながら、命懸けの努力する人には誰も敵いません。
人生において最も大切なものは、安っぽい自信などよりも、全力主義の命懸けの努力、徹底した努力です。
誰にも負けない努力さえしていれば、逃げ出すようなこわさもなくなり、自分を信頼する明るさ、強さが生まれます。
必死に努力するその姿の中に、生命の輝きがります。
人間は努力によってやすらぎを得る生き物ということです。
[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28245736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-04-13 10:18 | Trackback | Comments(0)