行動あるのみ

「百考は一行に如かず」と言います。思考も大切ですが、行動することはさらに大切なことです。
よく、頭であれやこれやと考えてばかりいて、一歩も踏み出そうとしない人がいますが、こういう人生は勿体ない人生です。あたら人生を無駄にしています。

努力とは、行動することであり、前進することとは、努力することである。

一歩でも、半歩でも足を踏み出しなさい、前に進みなさいという本当の意味は、「私はここまで」と自らに限界を設けない、自ら線を引かないで、そこからさらに勇気を振り絞って、半歩、一歩踏み出しなさい、という意味です。

踏み出す道は、未知の道ですから、やってみて判ることや、体験してみてはじめて判るという新発見も多いのです。
嫌な事やつまらないこと、興味のないこと、辛い苦しいことからさえも、見つかるものがあります。
踏み出して、やってみることが大切です。

未知のことには、誰でも不安と怖れがあるものですが、勇気をだして、一歩踏み出せば、世界が広がって、自分の取り巻く世界も変わっていきます。

自分の無限の可能性を信じて前進努力する人の運命は、前途洋々です。
無限の可能性を信じて努力邁進し、夢や目標に向かって苦難の道を乗り越えていくことが人生の醍醐味です。
オリンピック選手というのは、努力し、前進し、行動する典型的な人々です。
十代の若者であっても、切磋琢磨して努力し、行動してきたオリンピック選手というのは、すべてを理解しています。
極限までの努力と行動をしているから覚醒しているのです。

人は絶えず最善の努力して一歩前進していないと、現状維持どころか後退するばかりの人生となります。
[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/28164570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2018-02-28 10:47 | Trackback | Comments(0)