人気ブログランキング |

「感謝」は無限の力

人間は、頭の中であれこれ考えることよりも、行動して、体験することに真の価値があります。
百考は一行に如かずです。行動してはじめて命運律が動くからです。
人生では、行動して、体験することが一番大切なことなのですが、実際に体験してみないと判らないことも多いのです。

行動して、体験してみて初めて判るということが案外多いのです。
体験して悟ったことは、忘れることなく、終生、魂の記憶庫に保管されて、魂に刻印される記憶となります。

体験の伴わない机上の空論、単なる知識、情報は、使わないと自然消滅する記憶となります。魂に刻印されない記憶ということです。

行動を起し、体験、経験するということは、魂にとって重要な意味を持ちます。
魂の記憶として永遠に刻印され、良かれ悪しかれ因縁の種子となるからです。

行動し、体験する上で最も重要なことは、喜びと感動を感じて、体験することです。
幼子のように無邪気な心で、ドキドキ、ワクワクしながら体験することです。
勿論、心の根底には、引き寄せの法則そのものである、愛の心と、感謝の心で貫かれていることが必要です。

喜びと感動があって、楽しい、嬉しい経験は、人生にとって青信号となるものです。良い経験の記憶となって魂に刻まれっていきます。
楽しくない、好ましくない体験や経験は、人生の赤信号となるものですから、やめておいたほうがよいでしょう。清算すべき因縁、カルマとなってしまうからです。

夢や希望の実現のためには、懸命の努力が一番のことですが、努力しながら呼び寄せの法則を使うと、効果は上がります。
毎朝2~3分でよいのですが、願望実現の完了、成就したイメージ、感情に浸りましょう。そして感謝の行に取り組みましょう。
感謝の力がないと努力しても物事が成就に向かいません。

ですから、そのことに心から感謝しましょう。
感謝して、イメージングを楽しむのです。
感謝の心は、ありがとう、と一言いってもよいのです。

人間は誰でも、不完全な身です。
不完全な人間にとって、ありがとう、とともに、ごめんなさい、という言葉が大切です。
この言葉のもつ意味が大きいのです。
しっかりと、ありがとう、と、ごめんねを言えるように習慣化するとよいです。
愛と感謝の心こそが、人間の最高の守護神となるものです。

守護神の反対は魔神、悪鬼です。
怒りの心や憎しみ、復讐の心のことです。
怒りや復讐心を抱くということは、熱い真っ赤な石炭を手に持っているのと同じで、火傷をするのは自分なのだよ、と仏陀が説かれています。
神様が一番嫌うのも怒りや復讐心、自己自慢、自己顕示です。

怒りや憎しみ、恨みなどのネガティブな感情は、相手ばかりではなく、自分にも還ってくる恐ろしい感情です。
こうしたネガティブな闇の心、闇の感情は、人生を闇の道へと誘い、運命を狂わせるものですが、愛、感謝の心をもって克服されるものです。

愛、感謝の心は、闇の心、魔の感情を中和させ、打ち消してくれるありがたい心です。
この愛と感謝の法則は、仏教の開祖である仏陀が示された法則です。
仏陀である釈迦如来は、「今の自分のすべては、自分のこれまでの想いの結果である」と因果律を説かれました。
「感謝して、感動して喜ぶことが人生の目的である」とも言われています。

喜びと感謝の心は、人生の中では重要なカギとなるものです。
不平不満、愚痴や文句を言って、いつも満ち足りていない心の者には、未来永劫、何の幸運もやってきません。

中国の老子は、「不足しているものが何もないと気づくと、全世界は自分のもの」と覚醒した言葉を残しています。

不足しているものが何もないと思っている人、或いは、幸せと喜びで満ち足りている人には、何もしなくても、幸せや豊かさが向こうから引き寄せられてくるのです。
ここが心の法則で一番大切なところです。

イエス・キリストは「人の人生に与えたものが、そのまま自分の人生に戻ってきます」と言われました。
波動交換の法則をイエスは暗示していたのです。
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/27357475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2017-10-16 21:10 | Trackback | Comments(0)