人気ブログランキング |

潜象世界とは

この世界には、見えない世界と、見える世界の二つの世界があります。
見える世界とは、物質世界である現象世界のことです。
心や魂、霊、あの世など、見えない世界のことを潜象世界といいます。

見えないものを潜象というのです。
素粒子や原始、時間や心も潜象です。
神も仏も、魂も霊もみな潜象であり、見えない世界のものです。
見える世界の科学や物理学がすべてではありません。
本当に大切なものはすべて潜象世界にあります。

私は、この潜象世界について解き明かすために、長い間、研究を続けてきました。とくに人間の心について探求してきました。
人間の本当の有り様は、真実の心の有り様を探求しなければ理解できません。

心の法則を知ることは、大変難しいです。
心は見えない世界のものです。
学歴があっても、学力があっても、頭がよくても、感性が悪いと、わかりません。わからない人にはわかりません。
心の世界を理解するには、頭の良し悪しよりも、素直な心と、豊かな感性が必要です。

昔、中国の孔子が「朝(あした)に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可也」と云いました。孔子の有名な名言です。

ここで言う「道」とは一体なんでしょうか。単なる山道のことではありません。
真理への道、悟りの道のことです。
宇宙の真理、大自然の摂理、人間の玄理を道と云っているのです。

潜象世界の中心は、宇宙の中心です。
アメノウズメが宇宙の中心です。
アメ(宇宙)ノ ウズ(渦)メ(中心)=宇宙の中心です。
古流神道では、天之御中主大神が宇宙の中心に存在する神です。
すべての本質と力の源泉は潜象世界のここにあるということです。
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/27112129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2017-09-13 10:44 | Trackback | Comments(0)