「ありがとう」100日行

私は、「ありがとう」の言霊を唱える百日行を年に春夏秋冬の4回行っています。
年4回の百日行ですから、1年中「ありがとう」の修行をやっているわけです。
朝の日課の1時間の散歩のときに、「ありがとう」と唱えながら歩くわけです。
1日2000回、唱える修行です。
30日間で6万回です。
だいたい6万回唱え続けると、人によっては「あれっ」と想うような小さな奇跡が生じます。
100日行で20万回ですから、20万回唱えると、少なからず、驚くような変化が生まれます。
1年間では「ありがとう」を70万回唱えることになります。
70万回唱えると、心身は元気健康となり、運気も上昇します。
本来、「ありがとう」は、神様に感謝する言葉であり、「有り難い」という奇跡に感謝する言葉です。
古代人にとっては、神様に感謝する言葉が「ありがとう」であり、「ありがとう」は神聖なる言葉です。
古代の人々はそういう意味で「ありがとう」という言葉を使っていました。
ですから商売人が商売用に使う「ありがとう」とは次元の異なるものです。
「ありがとう」は神への感謝の言葉であり、言霊としては、最強、最高の波動を放出している不思議な言葉です。
どんな経文よりも、万巻の経典よりも、はるかに効験あらたかなる魔法の言霊です。
そういう意識をもって、ありがとう、ありがとう、心をこめて唱え続けると、宇宙の波動と大調和し、人生も、運命も、すべてが大きく変わっていきます。
みなさんもこの「ありがとう」の言霊修行に参加しませんか。
病弱な方や不運続きの方はとくにお奨めいたします。





[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/27075115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2017-08-27 15:44 | Trackback | Comments(0)