霊光文字は神の光

古代文字である霊光文字は、神の言葉そのものであり、神の光の波動が放射されています。私が色紙に霊光文字で渦状に「アマテラスオオミノカミ」と書くと、不思議な波動がそこから放射されているのが、誰でもわかります。身体の痛いところを色紙の波動に近づけると、痛みが消えてしまいます。

私は、色紙に、それ以外にも、「ひかり」「あい」「とおかみえひため」などの文字を神代文字で書きますが、同じように神の光の波動が強く放射されます。このような古代文字を身体の皮膚に直接描くと、奇跡的な変化が身体に生じます。まさに、これは古代の智慧です。これまでに書き綴ってきた治療のポイントをまとめると、下記のとおりです。直接皮膚にマジックで書いてもいいし、私のように、イメージで書いてもいいです。

■白血病、ガン、難病には
百会、大椎、仙骨、印堂、壇中、丹田などに、龍体文字を描いたり、ホツマ文字で「トオカミエヒタメ」を描いたり、フトマニ図を描く

■頚椎の痛み、コリの消滅
足の小指の外側にホツマ文字で「ひ」を書くこと

■脊椎起立筋の痛み、コリの消滅=三里、委中の痛み解消
足の小指の爪の外側にホツマ文字で「の」を書く

■ハムストリング,梨状筋,臀筋由来の腰痛
足の小指の付け根にホツマ文字で「ひ」を書く

■乳癌
足の親指と小指の付け根の外側の窪みにホツマ文字で「ふ」を書く。
乳房のシコリを探して、押さえ、片方の手で、足の親指、小指の窪みを刺激しながら、二十祝詞を唱える。

■レイダ穴~胃経すべての調和=三里、外側広筋
足の人差し指の爪の外側がレイダ穴であり、三里と同様に、人差し指にホツマ文字で「ひ」を書く

■三里~胃~外側広筋
足の人差し指にホツマ文字で「ひ」を書く

■大腿四頭筋直筋硬直の解消
足の中指にホツマ文字で「ひ」を書く

■大腿四頭筋の外側広筋の硬直の解消
足の人差し指のホツマ文字で「ひ」を書く

■股関節の異常の解消
足の中指、人差し指を刺激し、指にホツマ文字「ひ」を書く

■太ももが細くなる
足の甲にホツマ文字で「ひ」を書く

■大腿四頭筋の硬直解消=委中の解消
足の人差し指のホツマ文字で「ひ」を書く

■腹直筋の硬直の解消
足の親指の拇指球にホツマ文字で「ふ」を書く

■肩甲挙筋の硬直の解消
手の小指と中指の指先腹側にホツマ文字で「ひ」を書く

■風致~頭痛の解消=臨泣関連穴の解消
足の薬指にホツマ文字で「ひ」を書く

■うなじ、首痛、頭痛の解消=列欠の痛み解消
手の親指にホツマ文字で「ひ」を書く

■癲癇、蓄膿、歯茎、目、耳の異常=合谷の痛み解消
人差し指にホツマ文字で「ひ」を書く

■癲癇卒倒防止
両手指の爪側の指10本にホツマ文字で「ひ」を書く

■不眠、貧血の解消
足の踵の底に、ホツマ文字で「の」を書く

■更年期障害
両手の中指の爪側にホツマ文字で「ひ」を書く

■皮膚の縮み
皮膚縮みの前面は、壇中下,鳩尾下、丹田下の3箇所、背面は胸椎下部、仙骨上部2箇所です。そこに龍体文字を書きます。カムロギ、カムロミの渦を描いて、二十祝詞を唱えてもよいです。上腕裏の縮みは、花粉症の目のかゆみ、難聴、五十肩の原因になります。そこにも龍体文字を書きます。
























[PR]
トラックバックURL : https://toukokirak.exblog.jp/tb/24374110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toukokira-kira | 2015-04-18 09:23 | Trackback | Comments(0)